トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

三日間ファスティングとは

文字通り三日間ファスティングを行うを言いますが、ファスティング後の回復食期間は 少なくとも3日はかかるので、準備日も含めると、少なくとも10日ほどはかかる計算になります。

ですから、余裕のある時に実施しましょう。

ファスティングは、体内の毒素を排出するデトックスとしての効果も高いので、 身体を健康な状態にリセットするために、2ヶ月に一度くらいは、三日間ファスティングをするのをオススメします。

通常、ファスティングは水のみで固形物を摂取しないという方法になりますが、 空腹感に耐え切れず挫折してしまう方が多いです。

そのため、最近は三日間のファスティングに、酵素ドリンクを利用される方が とても多くなってきています。

酵素ドリンクを利用しても、ファスティング方法は基本的に変わりません。
固形物は摂取せず、水の変わりに、酵素ドリンクを飲む形になります。

三日間ファスティングのスケジュール例

3日ファスティングをする上でのスケジュール例は以下の通りとなります。




準備日については、通常、3日〜1週間を要します。

三日間ファスティングは、1日ファスティングよりも準備期間も、より入念にする必要があります。

肉類や油っこい食事は避けて下さい。
そして食事量を徐々に減少させていく必要があります。

いきなりファスティングを始めてしまうと、身体がファスティングへ 十分な準備が出来ていないので、体調を崩してしまう恐れがあります。

また、ファスティングで最も重要なのが実は復食期間です。

1日ファスティングなら、回復食期間が1日で元の食事に戻すことができましたが、 三日間ファスティングは、3日間ファスティングをしているわけですから、 回復食期間もそれだけ長くとらなければ、リバウンドの危険性がより、高くなってしまいます。

ファスティング後は早く通常の食事に戻りたいと思うかもしれませんが、 焦らず、少なくとも3日間は回復食に徹しましょう。

3日を待たずに通常の食事に戻してしまうと、胃もびっくりしてしまいますし、 せっかくの3日ファスティングが無駄になってしまいます。

この期間は、肉や魚などの動物性たんぱく質や、 油を使用したものは避け、消化しやすく、胃に優しいものにしましょう。

豆腐を使った料理やサラダ、お粥などをおすすめします。
また、サラダにかけるドレッシングはオイル不使用のものにして下さい。
お腹が慣れてきたら、徐々に通常の食事に戻していきます。

また、回復食期間は一日のうちのどこか一回を酵素ドリンクに置き換えることをオススメします。
そうする事で、ファスティング後の食事を徐々に通常の食事に戻していくと、 リバウンドを防ぐ事ができます。

3日間の復食期間を終えると、通常の食事に戻ってもかまいませんが、 その際に、酵素ドリンクも併用しておくと、減った体重も定着しやすくなります。

ファスティング中は、固形物の摂取は駄目ですが、酵素ドリンクと一緒に、 野菜ジュース、又はフレッシュジュースの摂取はOKとなっています。

酵素ドリンクの割り方も自由なので、 自分に一番ストレスがたまらない形の方法をチョイスして下さい。

正しい形でファスティングをして、減った体重が定着すれば、リバウンドする事もないので、 3日間だけと言わず、回復食期間以降も、食事量や食生活に気をつけてみましょう。
その心がけが身につけられれば、楽に痩せられると思います。

また、デトックス効果も期待できるので、ファスティング後は身体が生まれ変わったように 軽くなるという方も多く見受けられます。

体内の毒素が排出されるため、健康な身体にリセットする事ができるんです。

>>三日間ファスティングに最適な酵素ドリンクはこちら<<