ファスティングとアンチエイジング―断食が若さを作る、その仕組みとは?

トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

ファスティングによるアンチエイジング効果とは

今、断食の若返り効果が注目されています。
断食だけではなく、少食や粗食など食事を減らし質素にすることが、 アンチエイジングに繋がるというものです。

逆に過食は老化に繋がります。

たとえば、私たちの体は食事を完全に消化するのに約18時間かかると言われており、 1日三食きっちり食べると、24時間常に内臓は働きっぱなしという状態になります。
そこで、最近では朝食を食べない半日断食などが注目されていますが、 朝食を抜くことで、胃腸を休め回復する時間を与えるそうです。

また、過食は酵素不足も招きます。

私たちの体内酵素は、生命維持に必要な様々な役割を果たしますが、 生産できる全体量は限りがあり、加齢により減少していきます。

酵素といえば主に食事の消化、吸収、代謝などに係るとイメージしがちですが、 実は体の老化の原因となる活性酸素を除去する酵素も存在します。

限られた体内酵素の中で、活性酸素除去酵素も生産しなければならないのですが、 食べ過ぎると食事の消化ばかりに酵素が消費されてしまうと、この酵素の生産にも影響します。

加齢により酵素が徐々に減少していくということは、 それに伴い食事量も徐々に減らして、酵素を無駄遣いしないことが、 体を老けさせない、アンチエイジングにつながると言えるでしょう。

>>アンチエイジングが気になり始めた…40代に人気の酵素ランキング<<

ファスティングが老化防止に良い点について

日常的な少食がアンチエイジングに良いとされるのは上記のとおりですが、 定期的なファスティング(断食)も、アンチエイジングには効果的です。

カロリーを抑えた食事は、老化を抑制する遺伝子のスイッチをオンにするそうです。
これは体が飢餓状態になることで、繁殖できるまで生殖能力を温存しようとします。
その結果、老化を出来るだけ遅らせ、健康を維持しようとする遺伝子が働きアンチエイジングに繋がります。

ファスティングを定期的に行うことで、この遺伝子を活性化させることが出来ます。

また、断食は消化酵素の消費を抑えるので、代謝酵素の生産が増えます。
これにより体内の老廃物が排出されるので、肌荒れが改善された、肌がしっとりしたという人は
結構多くいるようです。肌の状態は、"若く見える"のには大切な条件ですが、 口コミを見る限り、この効果はファスティングの効果の中でも比較的早く、分かりやすく実感できるようです。

ファスティングは「本当の食欲」を知る機会にもつながります。
老化防止のため少食になりたいと思っていても、自分の適切な食欲を知らないと難しいです。

ファスティングを行うことで、空腹を知り、「お腹が空くまで食べない」ようになれば、
体が本当に求める食事の質や量が分かるようになります。
その結果食事の量が減り、結果今までより若返ったという人もいるようです。

このように、ファスティングはさまざまな面でアンチエイジング、老化防止につながるので、 通常のダイエット法より幅広い年代で実践されています。

>>アンチエイジングのためにファスティングの酵素を探すなら…人気ランキングはこちら<<

ファスティングのアンチエイジング効果について。今半日断食や1日1食、1日2食などの健康法が注目されています。 食べないことで若返りをするというものです。実際に粗食や少食の食生活を実践することで、以前より若くなった 太らなくなったという人がいます。これは体の中の老化抑制遺伝子が活性化されたり、消化酵素の浪費が抑えられ 代謝酵素、抗酸化酵素の生産が増えたからなど、様々な要因で若さを保っていると考えられます。 ファスティングで見られる分かりやすい効果としては、肌荒れが改善した、肌がしっとりするようになったなど、 やはり見た目で「老け」を感じさせる肌の状態がよくなるというのが口コミで多く報告されています。