トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

ファスティングダイエットというと、短期ダイエットをイメージしますよね。 確かに週末断食は、準備期間と回復食期間を入れても3日間ですし、3日間で1〜3kgの減量に成功することもあるでしょう。
しかし、ファスティング直後の体重は一時的なものです。
1回のファスティングでその体重を定着させるのはなかなか難しいでしょう。

実はファスティングがダイエットに良い理由は、体重を減らすことだけではなく、ファスティングによって食欲を抑えやすくして、太りにくい生活習慣を手に入れるということでもあるのです。

本当の空腹感を認識することができるようになる

太っている人の特徴として「食事の時間だから」「暇だから」「ストレス解消のため」「手元にお菓子があったから」など、くせや習慣で食べていることが多いのです。

現在のように飽食の日本では、その気になればいつでも食べ物が手に入ります。 そのため、本当にエネルギーが不足している「本当の空腹」なのか、クセでお腹が減ったように感じているだけの「嘘の空腹」なのかが、わかりにくくなってしまいがちなのです。

そこで、ファスティングをして本当のエネルギー不足を経験することで、自分の本当の空腹感を取り戻すことができるのです。

味覚が敏感になる

一時的に食事をしないことによって、味覚が敏感になります 今までは、濃い味のものや脂っこいものじゃないと食べた気がしなかった人も、出汁の風味や食材の味を生かした味付けのものでもおいしいと感じられるようになります。

つまり、体に良いものがおいしいと思えるようになるのです。 そして、そのことによってファスティングが終わった後も、健康的な食生活を送りやすくなるのです。

食べ物に執着しないクセがつく

「寝食を忘れる」という言葉がありますよね。 人間は何かに夢中になっていると、そんなに食べ物に執着しなくなるものなのです。

ファスティングをして、食事をしない環境を作り出すと、「食べる事以外にも自分が好きな事って結構あるなあ。」と気がつくのではないでしょうか。
例えば、ファスティング中に時間をもてあまして、久しぶりにやってみた手芸や読書、ガーデニングなど。
このように、ファスティング中に何か夢中になれることを見つけたらしめたものです。
ファスティング中でなくても、休日の暇な時などにダラダラ食いをするくらいなら、自分が好きな事に情熱をそそぎましょう。

>>ファスティングにオススメの酵素ドリンクはこちら<<

ファスティングというと「食べないことによって体重を減らす」というイメージがあるのではないのでしょうか。実はファスティングには、一時的に体重を減らすだけでなく、食欲をコントロールする効果もあるのです。今まで、食欲をコントロールできずに、何回ダイエットしても失敗していたという人は一度、ファスティングをして、自分の本当の空腹感を認識してみることをオススメします。