トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

ファスティングが身体に良い理由とは?

消化器官が休まる

胃や小腸などの消化器官は、日々食べ物を消化するために働いてくれています。
現在人は「退屈しのぎに食べる」など間食が多いので、老廃物が腸に溜まりやすい傾向にあります。
食べ過ぎたり脂肪の多い食事をたくさん摂っていると、知らないうちに臓器に負担がかかっているかもしれません。

下痢や便秘というのは内臓からのSOSです。
ファスティングによって、これらの消化器系の臓器が回復し、本来の健康な状態にもどることができます。

大腸をリセット

悪い腸内環境は、肌荒れやアレルギーの元凶になります。
ファスティングすると、ジャンクフードの食べすぎなどで腐敗菌だけけだった腸内が善玉菌優位になり、腸内がきれいになります。
その結果、便秘がちになって老廃物が固まって腐敗していた宿便が排出され、大腸本来の働きをとりもどすことができます。

ファスティング後も、食物繊維を多く含む食生活を心がけることで健康な大腸の状態を保つことができます。

免疫力の向上

大腸のリセットによって腸内環境が整うと、血液中の白血球などが活性化して、感染やガン細胞の増殖を抑える働きをします。
さらに、ファスティングによって肝臓の解毒システムがよく働くようになり、食品添加物や薬品などの有害物質の排出を促します。
そして、食べ物を摂らないことで、消化するエネルギーを代謝や免疫系にまわすことができるので、免疫力が向上し、古い細胞が新しいきれいな細胞に生まれまわるのです。

慢性的な疲れがとれて、身体が軽くなったように感じる人も多いと聞きます。

ファスティングが身体に良いのは何故でしょうか?一般的に現在人は食べすぎだと言われています。そのため、胃や小腸などの消化器官はフル活動を強いられています。その結果内臓が疲れてしまい、様々な身体の不調となって現れるのです。それらをファスティングして一度リセットすることで、驚くほど身体が楽に健康になるのです。