ファスティングの失敗例まとめ―よくある失敗と解決策について

トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

ファスティングで失敗しないために「失敗から学ぶ成功法」

ファスティングでの「失敗」とはどのようなものがあるのでしょう?
確実にファスティングで成功できる方法を、失敗例を元に解説したいと思います。

「最後まで断食を達成できない」

個人的な経験ですが、断食を最後まで達成させるポイントは、

断食は必ず週末、予定はいれないで自宅で過ごす
お腹が空いたら、酵素を飲む、白湯を飲む
断食の1週間前から食事は少なくする

特に1週間前から食事の量を少なくするのは、通常「準備食」と「回復食」を断食の前後1日分ずつとってファスティングの1セットと考えますが、やはりそれより前の食事についても、あまりに暴飲暴食が続くと実際のファスティングも達成できず逆に終了後食べ過ぎてしまう可能性があります。
せめて、断食の1週間前からは、おやつを徐々に減らしたり、ご飯のおかわりをしないようにしたり、
心掛ける
ことで、実際のファスティングも少しは楽に行えると思います。

また、ファスティングで最後まで断食を達成するためには、使用する「酵素選び」も大切です。
自分が美味しいと思えるものを選ぶことも大切ですが、個人的にお腹が空きにくいと感じる酵素は、
「甘みが強く濃厚でとろみがあるもの」→少量でも満腹感がある
「炭酸割で割って美味しいもの」→炭酸でお腹が膨らむ
かな、と思います。
当サイトでは口コミを元にしたランキングのほか、人気商品は実際に取り寄せていますので、ぜひ酵素選びの参考にしてください。

ファスティングの酵素人気ランキング・商品レポートはこちら

「便秘解消に効くと聞いたが便秘になってしまった」

ファスティングを行うと、「酵素の働きが活発になるので便秘が解消する」という話はよくあります。
しかし、逆に「便秘になってしまった」経験がある人も多くいるようです。
これは、通常食事で摂っていた水分が摂れなくなったことでなってしまう人が多いようです。
断食中は見落としがちですが、水分が不足しがち。水は意識して1日2Lは飲むように心がけましょう。
ハーブティーなどノンカフェイン・ノンシュガーの飲み物でもかまいません。

「減量すると思っていたのに思ったほどできなかった」

断食を、「短期ダイエット」と思って実践すると思ったより「効果が出ない」と感じる人もいるかもしれません。

断食で減る体重というのは、前日までに食べた食事が消化・代謝・排出されて減った重さや、 体が溜め込んでいた余分な水分が代謝されたり…と例え1kg減っていても「脂肪が1kg減った」のとは違う減量です。

通常脂肪を1kg燃やすためには7200kcal必要です。単純に運動量で言うとマラソン100qと言われています。
実際には食事の改善や筋トレを取り入れ、基礎代謝の消費と組み合わせることで、効率的に痩せることは可能ですが、
1日2日で脂肪が1kg減るということは有り得ません。

それまで「食べ過ぎが続いていた」「体が浮腫みがちだった」「便秘気味だった」という人は、
ファスティングによって1kg〜2kgの減量はあるかもしれませんが、
そうでない人は体重がほとんど変わらないということはよくある結果です。
大切なのは、体重で結果は出なくても体は「痩せやすい状態」になっています。 それがファスティングの本来の成果です。
通常、断食だけでも体を「痩せやすい状態」にするのですが、酵素も選び方によってはよりそれをサポートするものがあるようです。
例えば、当サイトでも人気の野草専科は、代謝やデトックスを重視した配合比率で作られています。
このように機能的な酵素を選ぶことで、よりファスティングの成果を得やすくなるでしょう。

>>今すぐリバウンド知らずのファスティングを始めよう!当サイト人気ランキングはこちら<<