トップページ ファスティング酵素の選び方 20代の口コミランキング 30代の口コミランキング 40代の口コミランキング

回復食とは?

ファスティングを行う時に、最も重要だと言われているのが、回復食期間です。
回復食期間とは、ファスティングが終わった後すぐに通常の食事に戻さずに回復食を食べる期間のことを言います。
そして回復食とは、消化しやすくて胃にやさしい食事メニューから普段の食事メニューへ、少量の食事量から普段の食事量へ、質と量を段階的に戻していく食事のことを言います。

回復食を食べる期間は、基本的には、ファスティングを行ったのと同じ期間になります。
ファスティング後に回復食期間を設けないと、リバウンドの原因になってしまうので、気をつけてくださいね。

回復食のメニューについて

断食後は胃や内臓が休息モードになっています。
いきなりお肉などの消化の悪いものを食べると、胃が痛くなったり、消化不良を引き起こしてしまうことがあります。
回復食は消化の良いものにしましょう。

<回復食のメニューを決める時のポイント>
  • 動物性たんぱく質(肉・魚・卵)を含まないものを選ぶ
  • 油ものは摂らないよいにする
  • カフェインを含まないものを選ぶ
  • 味つけは薄くする
  • 砂糖は使わない
  • メニューに穀物(お粥・うどん・蕎麦など)を入れる
  • 野菜や海草を食べる
  • 量は普段よりも少なくする

オススメのメニュー

私が回復食にオススメしている食べ物を11個紹介します。

@お粥 A味噌汁 B梅干 C野菜スープ Dヨーグルト E豆腐 F豆乳 G納豆 H蒸し野菜 I野菜サラダ Jすりおろしりんご

これらの食べ物を、自分の好みや体調、回復段階に合わせて、メニューを作っていきましょう。
下に回復食のメニュー例を載せましたた。
忙しい人向けと手作りしたい人向けの2つに分けて紹介していますので、参考にしてみては。

ファスティングを成功させるためには、ファスティングの後の回復食期間はとても大切です。回復食期間は基本的にファスティングと同じ日数だとるようにしましょう。そうすることで、ファスティング後の胃腸の負担を軽減し、リバウンドを防げるのです。今回はその回復食について、メニューを決める時の注意点と、具体的なメニュー例をご紹介しました。